寄付の仕組みと方法

kids6

AED・健康スポーツ基金の仕組み 地域貢献を志す個人や企業の方からのご寄付をもとに活動を展開します。 職場やグループで集めた募金や、寄付付き商品など売り上げの一部からのご寄付などを、パブリックリソース財団の基金に継続的に受け入れ、四半期に一度、寄付金がAED設置1台の金額(40万円)まで貯まるとAEDを必要とする地域のスポーツチームなどにAEDを寄贈します。

地域スポーツに関わる多くの人がAEDを使えるようにするために、AEDの寄贈にあたっては、寄贈先のスポーツチームへの講習会を実施します。スポーツチームの子どもたちに対して、AEDの使い方を学ぶ事を通じて「自分でも人を助けられる」といった気持を感じてもらえる講習を行います。

寄贈までの流れ

  1. お問い合わせ/寄付申込
    寄付をご希望の方はまずは問い合せフォームよりご連絡ください。
    寄付に関する内容をご理解いただいた上で、事務局よりお送りする「寄付申込書」にご記入の上、FAX 又はE-mail 添付で事務局までご送付ください。
     
  2. お振込
    最寄りの金融機関から「寄付申込書」に記載しました口座へお振込みください。現金でも承ります。
    ※振込手数料については、恐れ入りますが、寄付者様にてご負担下さいますようお願いいたします。
     
  3. 寄贈先の決定
    寄贈にあたっては、希望地域の団体向けに公募を行い、寄贈を希望する団体からの寄贈申請書をもとに、審査会を行い寄贈先を決定いたします。

詳しい流れは以下をご確認ください。

AED

寄付の方法

共同タイプ
寄贈額の一部を寄付し、他の企業や個人の方と共同で寄贈します。

通常タイプ
単独で寄贈します。
□40万円(×台数)一括寄付による寄贈
□積み立てによる寄贈

冠タイプ
基金に自社の名前をつけて寄贈します。
例:「○○社AED基金」
*1年2台以上、5年連続で寄贈していただける場合
□40万円(×台数)一括寄付による寄贈
□積み立てによる寄贈   

※寄付の方法(例)
個人・企業の寄付、職場やグループ・店舗で集めた募金や寄付付き商品や店舗の売り上げの一部、ブック募金 等がございます。 参考例はこちらからご確認ください。

Copyright 2001-2014 JAPAN FEDERATION OF HEALTH&SPORTS